スポンサーリンク

香港淺水灣(レパルスベイ)白いビーチに感動!色鮮やかな神々がいるパワースポット!ドローン撮影!

ビーチ

こんにちは!

香港の橘拓也(たちばな たくや@TMax2525)です。

今回は私が香港で大好きなビーチのひとつ、淺水灣(レパルスベイ Repulse Bay)の歩き方をご紹介します。

レパルスベイは香港島南部に位置しており、白いビーチと豊かな海の景色が魅力です。

ビーチ沿いにはオシャレでラグジュアリーなレストランとカフェが並び、賑やかで豪華な欧米風の雰囲気が漂います。

レパルスベイは1955年のハリウッド映画「慕情」(Love Is a Many-Splendored Thing)の舞台になったことでもよく知られています。

また、レパルスベイはビーチだけではなく一段とカラフルな天后廟(ティンハウミュウ)があり、運気上昇を祈願するパワースポットでもあります。

セントラルから1時間かからないアクセスで都心の喧騒を離れて、自然と海に癒されるとても魅力的な場所です。

また、レパルスベイの南北にそれぞれ、南灣(サウスベイ South Bay)深水灣(ディープウォーターベイ Deep Water Bay)もすぐにアクセスできる場所にありそれぞれ違ったビーチを楽しむことができます。

スポンサーリンク

レパルスベイビーチ

ドローンで空から撮影、パラソルがカラフル!

レパルスベイは白いビーチが魅力です。

香港は亜熱帯気候で年間を通じて温暖で夏場は特に暑く11月ぐらいまで海に入ることができます。

白色の高級マンション、ホテルリゾートが海沿いにずらりと立ち並び、まるでヨーロッパのリゾート地のようです。実際にレパルスベイには多くの欧米人が住んでいます。

休日は多くの人が日光浴、海水浴、リラックスしに訪れます。ビーチ沿いにレストランやカフェがあり海を眺めながらくつろぐことができます。また、コンビニもありビールやワインを買って自由に飲んでいる人も多くみられます。




スポンサーリンク

パルス The Pulse

レパルスベイに2014年にオープンした新しいショッピングモールです。

海沿いに沿って2階建ての長い構造をしています。1階にはカフェやレストランが入居しており、2階には衣類や雑貨などのお店が入居しています。ショッピングモールはガラス張りで広々しており、ビーチを望むことができます。

スポンサーリンク

天后廟(ティンハウミュウ) Tin Hau Miu

香港や中国各地で天后廟(ティンハウミュウ)は建造されており、航海や漁業の守護神として信仰を集める媽祖や土地の神を祀る巫女が祀られています。

レパルスベイ天后廟(ティンハウミュウ)は1956年に建立され、香港において祀られている神々の像は最大級で、ユニークで色鮮やかな色彩が特徴です。

ドローンで撮影、上から見ると面白い形

天后廟(ティンハウミュウ)には長寿を祈願する一本の橋があります。

毎回橋を渡る度に3日寿命が延びると言われており、願いを込めて橋を渡る参拝客が多くいます。

橋には次のような文字が刻まれています、「Each time you cross this brdige, your life will be prolonged three days」。

みなさんもレパルスベイに行ったら是非橋を渡って祈願してみてくださいね。

他にも、愛や結婚、商売繁盛、金運、を祈願する様々な神々の像が集まっています。レパルスベイに来るだけで一気にいろんな願いを祈願することができるパワースポットです。神々の像は色鮮やかで歩いてみるだけでも楽しいですね。




スポンサーリンク

南灣(サウスベイ South Bay)

サウスベイはレパルスベイから南にタクシーで5分約25~30香港ドルで行ける場所にあります。

サウスベイはレパルスベイのビーチより小さく、より自然を感じられるビーチです。レパルスベイのようなリゾートホテルやカフェはありません。レパルスベイほど混雑しない印象です。ビーチは白浜と砂利が多めです。水はきれいです。

私はフィリピンの友人と潜って貝をとって料理して食べました(笑)。フィリピン人はこういうのが得意で大好きです。




スポンサーリンク

場所と行き方

レパルスベイの行き方

レパルスベイへ行く便利な方法を2つご紹介します。

セントラルからバスで行く(6、6A、6X、260)

CITYBUSのバスがセントラルExchange Squreから赤柱(Stanley)向けにバスが出ています。

最寄り駅:セントラル駅 A出口

バス路線番号:6、6A、6X、260

降りるバス停:Repulse Bay Beach, Repulse Bay Road

所要時間:約40~50分

ミニバスで行く 40番

コーズウェイベイからミニバス40番Jardine’s Bazaar通りから赤柱(Stanley)向けに出ています。

最寄り駅:コーズウェイベイ駅 F1出口  

ミニバス路線番号:40

降りるバス停:Repulse Bay

所要時間:約15~20分

私のおススメはミニバスです。

コーズウェイベイを出るともう一直線ですっ飛んで行きあっという間に到着です。

一方、CITYBUSは停車するバス停が多いうえ、渋滞に巻き込まれやすいので時間がかかります。時間を節約したいときはコーズウェイベイまで行って、ミニバスに乗りましょう。

運が良ければ写真の可愛いミニバスに出会えるかもしれません!

サウスベイの行き方

上記のバスかミニバスでレパルスベイへ行きます。そこからタクシーへ乗ります。タクシーはバス停から下の階段へ降りて、ビーチの前の道路からサウスベイ進行方向のタクシーへ乗ることができます

所要時間:約5分

タクシー代:25~30香港ドル

ディープウォーターベイの行き方

セントラルからバスで行く(6A、6X、260)

バス路線番号:6A、6X、260

降りるバス停:Deep Water Bay Beach, Island Road

ミニバスで行く 40番

上記コーズウェイベイからミニバス40番で行くことができます。バス停はありませんが、途中で降りたいと言えば停車してくれます。

スポンサーリンク

まとめ

レパルスベイは香港のビーチの中でもとても人気があり多くの人で賑わう楽しいビーチです。

レパルスベイは白いビーチだけでなく、天后廟や様々な神々が祀られており参拝して運気を上げる人気の場所でもあります。

レパルスベイはバスに乗れば一本で行ける便利な場所です。

みなさんも、是非、行ってみてくださいね。




ビーチ観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク
橘拓也のSNSもフォローお願い致します!
スポンサーリンク
香港 観光・生活・投資ニュース by 橘拓也

コメント

タイトルとURLをコピーしました