スポンサーリンク

香港大嶼島長沙(Lantau Island, Cheung Sha):ランタオ島長沙ビーチ、香港で一番長いビーチ、大自然に感動!!

ビーチ

こんにちは!

香港の橘拓也(たちばな たくや@TMax2525)です。

5月に入り香港は30度超え!暑い日々が続いています。香港の海水浴シーズンは5月から11月ごろまでで海水に入れます。

今回は香港で一番長いビーチ、大嶼島(Lantau Island)長沙(Cheung Sha)ビーチへ行ってきたのでご紹介します。

記事の最後に、私自身で撮影したYoutube動画もありますので、是非お楽しみください。

☛MTR東涌駅(Tung Chung)からバス11番で約20分

下長沙(Lower Cheung Sha)、欧米人集う賑やかな黒砂ビーチ

上長沙(Upper Cheung Sha)、静かで自然豊かな白砂ビーチ

スポンサーリンク

どんな場所

長沙(Cheung Sha)はランタオ島(大嶼山)の南部にあります。大海原が目の前に広がり、背面にはランタオ島の山がある、緑豊かな自然に囲まれた大自然のビーチです。

アクセスも便利でMTR東涌駅(Tung Chung)からバス11番で約20分です。

長沙下長沙(Lower Cheung Sha)上長沙(Upper Cheung Sha)に分かれており、それぞれ特徴があります。

下長沙(Lower Cheung Sha)はレストラン、商店が並び、賑やかなビーチです。

上長沙(Upper Cheung Sha)は、レストランなどの人工施設がなく、より大自然で長いビーチが広がります。

どちらも隣接しているので、一日で歩いて見ることができます。

どちらも午前中は人が少ないですが、週末の午後はレストランがある下長沙(Lower Cheung Sha)のほうはビーチとレストランともに多くの人が訪れ賑わっており、家族連れでも楽しめます。レストランはビーチ沿いにあるということもあり、値段は高めですが、ビーチを目の前に食べる食事とビールは格別です、いい思い出になること間違いなしです。

上長沙(Upper Cheung Sha)のほうはレストランなどの施設がないので、人気が少なくより静かに過ごすことができます。ここでテントを張ってキャンプをしている欧米人も見かけます。




スポンサーリンク

下長沙(Lower Cheung Sha)

下長沙ビーチ

下長沙(Lower Cheung Sha)はレストラン、カフェ、商店、住宅もあり人気が多く、夕方はとても賑やかになるビーチです。ビーチは黒砂、砂利が多めのビーチです。

下長沙(Lower Cheung Sha)を眺めることができるビューポイントが高台にあります。このビューポイントを境に、西側が上長沙(Upper Cheung Sha)、東側が下長沙(Lower Cheung Sha)です。

下長沙を眺めることができるビューポイント
スポンサーリンク

上長沙(Upper Cheung Sha)

上長沙(Upper Cheung Sha)下長沙(Lower Cheung Sha)を区切るビューポイントを超えて、上長沙(Upper Cheung Sha)へ一歩入ると人口設備がなく大自然のビーチがずっと続きます。下長沙(Lower Cheung Sha)上長沙(Upper Cheung Sha)のビーチは合わせると、約3キロほどの長さです。

人が少なく大自然が広がる上長沙

目の前にビーチ、裏にはランタオ島の山があります、周囲は自然に囲まれていてとても感動です。

上長沙(Upper Cheung Sha)にはところどころに木々が茂っており日陰で休むことができます。この木の実を見ると南国の熱帯にいることを実感します。

南国の雰囲気の木の実

上長沙(Upper Cheung Sha)にはブランコとハンモックが掛かっている場所があります。運よく誰も使っていなければ遊んでくつろげます。ここで昼寝、くつろげたらとても心地よいです!

ブランコとハンモック




スポンサーリンク

グルメ

下長沙(Lower Cheung Sha)はレストラン、カフェ、商店が多くあり食事には困りません。ただし、街中の普通のレストランやコンビニと比べたら値段は2倍近くします。水、お菓子、チップスなどの食料はできれば街中で買って持参するのがおススメです。冷えたビールは下長沙の商店で買えるので、それを買ってビーチで飲むこともできます。また、ビーチ用のパラソルをレンタルしている商店もあります。

レストランは洋風のカフェが並び、バーガー、パスタ、ピザ、ベーグル、肉料理などバラエティーに富んでいます。

今回、私はBATHERSで食事をしてみました。お店はビーチに面しており席に座りながらビーチを眺めることができる綺麗なお店です。

ボリューム満点のチーズバーガー

チーズバーガーを食べてみました。メニューには肉は和牛と書いてあります。肉の焼き具合をレア、ミディアムを選ぶことができます。マクドのチーズバーガーと想像していたらとんでもなく大きいボリューム満点の肉がたっぷり入ったバーガーが登場しました!!ハンバーグはとてもジューシーで美味しかったです。ボリューム満点、ポテトもついているので2人で一緒に食べてもちょうどぐらいの感じです。サービスチャージ入れて203.50香港ドルです。

チーズバーガー:185香港ドル + 10%サービスチャージ

このお店のメインディッシュの値段は大体どれも170香港ドル~、ぐらいからの値段です。ビールは大体60香港ドル~、からです。ビールはハイネケンなどの一般のビールのほか、GweiloYauといった香港製造地ビールも置いており、こちらもおススメです。




スポンサーリンク

場所・行き方

長沙へはMTR東涌駅(Tung Chung)からバス11番約20分で行くことができます。

MTR東涌駅(Tung Chung)のB出口を出ると広場にでるので直進してバスターミナルのほうへ歩いていきます。手前にCityBusの乗り場が見えますが、更に直進してNew Lantao Busの乗り場が見えます。バスは緑っぽい車両です。

New Lantau Busは緑色、11番のバスが長沙へ行きます

11番の乗り場からバスへ乗ります。

片道:19.2香港ドル ※2020年5月

バスは約15分置きに便があります。詳しいスケジュールはNew Lantao Busのアプリでスケジュールを確認することができます。

乗車する時に運転手に事前に降りる場所を伝えておくと便利です。各バス停で降りる人乗る人がいないときはバスは停車しません。香港人は自分の座席から「バス停の名前+落車(lok che)!」と叫んでいます。バス停が近づいたら「落車(lok che)!」だけでも大丈夫です。長沙ビーチは人気の場所で、週末は大体乗り降りする人が多いので停車しますが必ず伝えるようにしましょう。

下長沙へ行くには長沙下村(Cheung Sha Ha Tsuen)のバス停で下車。

上長沙へ行くには上長沙海灘(Upper Cheung Sha Beach )のバス停で下車。

スポンサーリンク

まとめ

長沙は香港で一番長い自然豊かなビーチです。ビーチをゆっくり散歩したり、泳いだり、食事も充実の素敵な場所です。アクセスもMTR東涌駅(Tung Chung)からバス一本で20分ほどで行けるので便利です。

みなさんも、是非、行ってみてくださいね。




Feiyu Pocket cinematic vlog | Hong Kong Upper Cheung Sha | 香港大嶼島上長沙
Feiyu Pocket cinematic vlog | Hong Kong Lower Cheung Sha | 香港大嶼山下長沙

ビーチランタオ島観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク
橘拓也のSNSもフォローお願い致します!
スポンサーリンク
香港 観光・生活・投資ニュース by 橘拓也

コメント

タイトルとURLをコピーしました